無人運転で「ドライバー&運送会社消滅」は本当か?【短期連載】自動運転が運送業にもたらす未来(3)

キーワード :
, , , ,
「自動運転・無人運転が運送ビジネスにもたらす未来」、最終話では、自動運転・無人運転が、実装された社会において、トラックドライバーや運送会社がどのような影響を受けるのか、考えていきたい。

トラックドライバーと素人ドライバーの違いとは何か?

UDトラックスが2018年に実施した大型トラックの自動運転レベル4デモ(UDトラックスの動画より)。
UDトラックスが2018年に実施した大型トラックの自動運転レベル4デモ(UDトラックスの動画より)。

 2020年4月、興味深い投稿をSNSで見かけた。
 
「新型コロナウイルスの影響で、自動車教習所も閑古鳥が鳴いているそうだ。指導員らは、トラックドライバーに転職するしかないな」──詳細は控えるが、つぶやいたのは社会的にも高い地位にある、人生の大先輩である。

 その大先輩は、「自動車教習所の指導員ならば、大型免許を持っているだろう」と思い、トラックドライバーへの転職を示唆したのであろう。これに対し私は、率直に言うと、「こんなに優れた人にも、トラックドライバーって誤解されているんだな」と感じた。

 免許があれば、トラックを運転できれば、トラックドライバーが務まる!?──とんでもない勘違いである。

 確かに、指導員であれば、安全運転に関しては、下手なプロドライバーよりも上かもしれない。だが、トラックドライバーは運転だけできれば良いというものではない。荷役、すなわち貨物の積み卸しなくして、トラックドライバーの仕事は成立しない。

 完全無人運転(レベル4以上の自動運転)は、運送の仕事のうち、輸送を担うだけである。荷役の自動化・無人化は、また別の話なのだ。

運送ビジネスにおける自動運転・無人運転、二つのポイントとは

 運送ビジネスにおける自動運転・無人運転を考える上で、二つ留意すべきと考えるポイントがある。

 一つは、運送ビジネスに本当に貢献できるのは、やはり無人運転であるということだ。

 自動運転・無人運転のメリットには、安全な道路交通の実現もある。だが、酷な言い方を承知で言えば、「自動運転化して安全なトラックを買うから、運賃を上げさせてくれ」と言ったところで、承知してくれる荷主はほとんどいないだろう。

 運送会社にとって、安全は絶対正義ではあるが、一方で財布は有限である。高額な自動運転トラックを購入するよりも、さらに高額でも、ドライバーの人件費を削減可能な無人運転トラックのほうが、メリットは明らかである。

全てのコメントを見る