中国の躍進が止まらない 「EV専門メーカー」の急浮上と自国シェア50%突破見込みの現実、日本勢はどうなるのか

キーワード :
, ,
2023年中に、中国国内における中国の自国自動車メーカーのシェアが初めて50%を超える見込みという調査結果を、アリックスパートナーズが発表した。今後どうなるのか。

中国メーカー大手は五つ

EU5(画像:北京汽車集団)
EU5(画像:北京汽車集団)

 2023年7月5日、グローバルコンサルティング会社のアリックスパートナーズは、2023年中に中国国内における中国の自国自動車メーカーのシェアが初めて50%を超える見込みという調査結果を発表した。ちなみに同社の予想によると2023年中の中国における自動車販売台数は2490万台に達するとされている。この半数が中国国産車になるということである。

 これら中国国内自動車メーカーのシェア拡大を支えているのは、電気自動車(EV)専門メーカーの躍進といわれている。すなわち、比亜迪(BYD)、上海蔚来汽車(NIO)、小鵬汽車(シャオペン)などの新興かつEVに特化した自動車メーカーが大幅に販売台数を拡大したということである。

 現時点で、中国には自動車メーカーは何社あるのだろう。実のところ超弱小かつ登記だけというメーカーも多く、総数となると判然としていないというのが事実である。そうしたなか、相応の歴史もある大手というと

・中国第一汽車集団(FAW):傘下に10社を越える子会社を抱える中国最大の自動車メーカー。中国初の高級車として共産党幹部専用に供された「紅旗」もここが手掛けた。子会社はいずれもトヨタ、ダイハツ、フォルクスワーゲン、マツダなどとの合弁会社であり、中国国内での生産を行うために設立されたものである。
・上海汽車集団(SAIC):傘下に10社近くを抱える。合弁相手はフォルクスワーゲン、GM、UDトラックス、イヴェコ、セアトなど。激安EVの宏光miniでその名を高めることとなった上汽通用五菱汽車もここの傘下企業である。
・東風汽車集団(ドンフェン):傘下企業は約10社。合弁相手は日産、ホンダ、プジョー、シトロエン、KIA等。
・長安汽車(チャンガン):傘下企業は7社。合弁相手はフォード、スズキ、三菱。かつてはいすゞとも合弁していた。
・奇瑞汽車(チェリー):傘下企業は4社。合弁相手はジャガー・ランドローバー。

の5社が挙げられる。

全てのコメントを見る