デジタル農業の新たな展望 「アグリテック」がもたらす農業の未来とは

キーワード :
,
さまざまな産業のデジタル化が進んでいる。第1次産業の農業もそのひとつだ。デジタル化によって実現される革新的な農業を指す「アグリテック」は、作業効率化を目的にこれまで伸びてきた。

「アグリテック」とは何か

トラクター(画像:写真AC)
トラクター(画像:写真AC)

 さまざまな産業のデジタル化が進んでいる。第1次産業の農業もそのひとつだ。デジタル化によって実現される革新的な農業を指す「アグリテック」は、作業効率化を目的にこれまで伸びてきた。

 アグリテックといえば、一般的に

・ドローンや自動運転農機の利用
・ビッグデータや人工知能を駆使した生産管理/収量予測

などが語られがちだが、実際には

・収穫された商品をいかに鮮度が高い状態で消費者に届けるか
・ラストワンマイルまでどのように高品質を担保するのか

といったことも重要課題である。

 農林水産省が2021年にリポートしている「農業DXをめぐる現状と課題」によると、テクノロジーによる物流効率化と新しい物流提案の創出が課題だとされている。

 農業と物流は似た業態ではないが、

・高齢化による人手不足
・コロナ禍で表面化したドライバー不足

などの課題は共通している。

 こういった課題はテクノロジーの活用が最も役に立ち、市場の改善にもつながる。

全てのコメントを見る