マツダ史上最強“340馬力” 北米仕様のごっついガソリン車「CX-90」は時代遅れか、はたまたEV蹴散らすのか

キーワード :
, ,
マツダの北米法人はこのたび「CX-90」を世界初公開し、話題となった。同車は北米市場のニーズを踏まえて開発されたミッドサイズのSUVである。

新フラッグシップモデルの登場

新型クロスオーバーSUV「CX-90」北米仕様(画像:マツダ)
新型クロスオーバーSUV「CX-90」北米仕様(画像:マツダ)

 マツダ(広島県府中町)の北米法人は1月31日、「CX-90」を世界初公開し、話題となった。CX-90は北米市場のニーズを踏まえて開発されたミッドサイズのSUVである。

 同車のパワートレイン(駆動装置)は、48Vマイルドハイブリッドを組み合わせた

・3.3リッター直列6気筒ガソリンエンジンの「e-SKYACTIV G 3.3 T」
・2.5リッター直列4気筒ガソリンエンジン搭載のプラグインハイブリッドシステム「e-SKYACTIV PHEV」

という2種類のエンジンを採用している。

 また、デザインや内装の質感でも存在感がある。デザインは不要な要素を取り除き、本質的な美しさを引き出しており、シンプルかつ洗練されたプロポーションを実現した。インテリアでは、「整然とした上質な空間の中に天然素材や光の動きを織り込みながら、空間全体で日本の美意識」を表現している。

 さらにCX-90は室内空間を広げるとともに、3列目には3人掛け用シートや専用の空調吹き出し口を設定し、快適な乗り心地を確保。安全機能も充実しており、駐車の際には車両周囲の状況を大型センターディスプレーに映し出して駐車を支援。また最新の「i-ACTIVSENSE」を搭載。安全機能の充実によって、すべての乗員の安心感を高めてくれる(一部オプション設定あり)。

 最上級の走りと質感、そして快適さと安全を兼ね備えたCX-90は、マツダの新たなフラッグシップモデルとなる存在だ。

全てのコメントを見る