ビッグモーターだけじゃない! 民間「車検不正」はなぜ絶えないのか 業者&利用客の“なあなあ関係”を断ち切るために必要なものとは

キーワード :
, ,
ビッグモーターが過去に行った車検不正を理由に、民間車検場の指定取り消しおよび、自動車検査員ふたりの解任命令を出された。同社だけでなく、業界の不正はなぜ絶えないのか。

車検場の設備自体を改めよ

自動車の修理イメージ(画像:写真AC)
自動車の修理イメージ(画像:写真AC)

 一方、各地の運輸支局の検査場の近隣に必ず存在するものとして、民間の予備検査場いわゆるテスター屋がある。これはユーザー車検を受ける一般人や、新規登録の輸入車などに対して、車検と同じメニューでの事前検査を行う業者である。

 予備検査の意味は、ユーザー車検と新規登録輸入車などでは少々異なっているものの、要するに事前に本番の車検と同じ検査を受け、保安基準に適合しているかどうかを確認できるという大きなメリットがある。

 重要なのは、昨今の予備検査業者のなかにはフルタイム4WDにも対応するマルチテスターを所有している例も少なくないという事実だ。今回不正を行った業者がこうしたマルチテスターを備えていれば、不正は未然に防げたはずである。

 そもそも昨今のフルタイム4WD車の普及状況を思えば、現時点では複数ある検査ラインの

「ごく一部のみがフルタイム4WD対応」

となっている車検場の設備そのものを改め、全てフルタイム4WD対応とするのが合理的なだ。これらは、制度および設備の改善という面での不正防止策である。

 とはいえ、設備の拡充はそれなりの予算確保が必須であり容易ではない。それを前提に効果的な不正防止策を講じるのであれば、それは罰則の強化に尽きるだろう。

「組織的かつ継続的」には厳しい罰則を

ヘッドライトを磨く整備士(画像:写真AC)
ヘッドライトを磨く整備士(画像:写真AC)

今回のビッグモーターによる不正で、指定自動車整備事業者の認定取り消しは実際に不正を行った事業所のみである。また2年の経過期間が過ぎれば再申請も可能となる。

 今回の様に、ある意味

「組織的かつ継続的」

に行われていた不正に対しては、その店舗だけに止まらず

・運営会社全体への行政処分
・再申請の禁止期間の長期化もしくは永久禁止

といった、さらに厳しい罰則を科すのもちゅうちょすべきではないと考える。

 こうした車検不正を今後起こさないためには何をすればよいのか。官民ともに考えを新たにする時期に来ているのではないだろうか。

全てのコメントを見る