ドローン「レベル4飛行」を見据え 都内で1か月間の運用実証 JAL、JRなどが2月から

キーワード :
, , , , , , ,
KDDI、KDDIスマートドローン、日本航空(JAL)、東日本旅客鉄道(JR東日本)、ウェザーニューズ、メディセオの6社は、2023年2月1日(水)から東京都あきる野市で、ドローンを活用した医療物資輸送を1か月間運用する実証実験を実施する。

1月には小学校で事前イベントも

ドローン「レベル4飛行」を見据え 都内で1か月間の運用実証 JAL、JRなどが2月から(画像:JAL)
ドローン「レベル4飛行」を見据え 都内で1か月間の運用実証 JAL、JRなどが2月から(画像:JAL)

 KDDI、KDDIスマートドローン、日本航空(JAL)、東日本旅客鉄道(JR東日本)、ウェザーニューズ、メディセオの6社は、2023年2月1日(水)から東京都あきる野市で、ドローンを活用した医療物資輸送を1か月間運用する実証実験を実施する。

 また同実証に先立ち、同年1月25日(水)に地域の小学校で、ドローンの社会受容性向上に向けたイベントを実施する。

 本実証は、東京都の「ドローン物流サービスの社会実装促進に係る実証プロジェクト」に基づき、2022年12月に施行された改正航空法で「レベル4飛行」が可能となったことを機に、都内におけるドローン物流サービスの早期の社会実装を目指すもの。

 2022年度は飛行実証やオペレーションの確認を行い、2023年度以降のレベル4での飛行実証の基礎を確立することを目的としている。

 レベル4飛行でのドローン運用を想定し、2023年2月の平日日中帯に、遠隔地からの運航管理による飛行業務を行う。公立医療センター(あきる野市)とエスアールエル セントラルラボラトリー(同市)の間で飛行ルートを設定し、物流用ドローンの自律飛行による医療物資輸送を行う。

 2022年2月に隅田川で実施した医薬品配送は3日間の実証だったが、今回は1か月間の長期運用を行うことで、技術面やビジネス面および制度面の課題を抽出。医療物資のドローン物流ビジネスの社会実装に貢献するとしている。

全てのコメントを見る