「スマート置き配」申し込み4000棟を突破、宅配ボックスのトラブル削減に一役

キーワード :
, , , , , , ,
不動産のデジタルリノベーションを目指すライナフ(東京都文京区)は、同社が提供する「スマート置き配」の申込み棟数が1都3県で4000棟を突破した、と発表した。

専用スマートロックを設置、自室前などまで配達

「スマート置き配」申し込み4000棟を突破、宅配ボックスのトラブル削減に一役(画像:写真AC)
「スマート置き配」申し込み4000棟を突破、宅配ボックスのトラブル削減に一役(画像:写真AC)

 AI、IoTで不動産のデジタルリノベーションを目指すライナフ(東京都文京区)は、同社が提供する「スマート置き配」の申込み棟数が1都3県で4000棟を突破した、と発表した。

 スマート置き配は、オートロック付きマンションのエントランスに専用のスマートロックを設置することで、受取側があらかじめ指定した場所に配達員が荷物を届けるサービス。

 宅配ボックス不足解消による再配達削減や、誤配や無理な詰め込み、空の状態での使用など、宅配ボックスのトラブルを削減する目的で導入された。

 専用スマートロック「NinjaEntrance(ニンジャエントランス)」を用いて、共用エントランスの鍵をデジタル化。配達員は部屋の前などの指定場所まで荷物を届けられる。配送パートナーごとに認証された配達員のみが入館できる仕組みで、スマート置き配のエントランスの解錠履歴は全て記録される。