ごみ収集もEVに 焼却余熱の電気で運用 三菱ふそう・厚木市・新明和が連携

キーワード :
, , ,
三菱ふそうの電気小型トラック「eCanter」をベースとし、新明和が架装を手掛けたEVごみ収集車を厚木市が導入する。

「循環型都市の実現」を具現化

「eCanter」を用いたごみ収集車のイメージ(画像:三菱ふそうトラック・バス)。
「eCanter」を用いたごみ収集車のイメージ(画像:三菱ふそうトラック・バス)。

 三菱ふそうトラック・バスと厚木市(神奈川県)、新明和工業が、同市のEV(電気)ごみ収集車(塵芥車)に関する連携協定を2021年5月10日(月)に締結した。

 厚木市は2021年度内に、三菱ふそうの電気小型トラック「eCanter」をベースに、新明和が架装を手掛けたEVごみ収集車1台の稼働を始める予定だ。

 協定は、循環型都市や脱炭素社会、2050年までのカーボンニュートラル実現のため、EVごみ収集車の普及促進について、3者が最大限協力し、かつ先駆的に取り組むことを目的としている。協業の領域としては以下5項目などを盛り込んでいる。

・EVごみ収集車導入に関する開発・製造、充電設備の設置
・EVごみ収集車の開発に関するデータ提供・活用
・車両の運行計画
・EVごみ収集車のPR広報
・地球温暖化対策・カーボンニュートラル化に向けたイノベーションの推進

 協定の期間は2021年5月から2027年3月まで。

 厚木市の小林常良市長は「このEVごみ収集車は、ごみの焼却施設に燃えるごみを収集・運搬し、焼却したごみの余熱で発電した電力を利用して運用するという『循環型都市の実現』を具現化するものです。EVごみ収集車の普及・促進を通して、自然環境と共生した持続可能なまちを実現してまいります」とコメント。複数年度にわたり複数台の導入を計画しているという。

 三菱ふそうのeCanterは2017年に量産化し、これまで国内で約70台、世界では200台以上が納車されている。2020年7月には、eCanterをベースにしたごみ収集車のコンセプトモデル「eCanter SensorCollect」を発表。車両の一時停止や障害物回避などを遠隔操作し、ごみ収集作業の負担を軽減する機能も搭載している。