三菱ふそう「ゼロエミベイ」に参画 ゼロエミッション技術の開発研究加速へ

キーワード :
, ,
三菱ふそうトラック・バスが、東京湾岸ゼロエミッションイノベーション協議会(ゼロエミベイ)に参画。同社方針とあわせて、ゼロエミッションに関する技術開発を加速させる。

東京湾岸周辺エリアの機関が連携

電気小型トラック「eCanter」(画像:三菱ふそうトラック・バス)。
電気小型トラック「eCanter」(画像:三菱ふそうトラック・バス)。

 三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は2021年3月9日(火)、政府の「革新的環境イノベーション戦略」の提言に基づき設立された東京湾岸ゼロエミッションイノベーション協議会(ゼロエミベイ)に参画すると発表した。

 ゼロエミベイは、東京湾岸周辺エリアの機関が連携し、同エリアを、環境に影響を与える廃棄物を出さないゼロエミッション技術に関する研究開発と実証のイノベーションエリアに進化させることを目的に設立された。

 MFTBCは2039年までに日本国内に投入する全ての新型車両をCO2ニュートラル化するビジョンを掲げ、商用車のゼロエミッション化を推進している。2017年には初の量産型電気小型トラック「eCanter」の販売を開始。さらに2020年6月には燃料電池小型トラックのコンセプトモデル「eCanter F-Cell」の走行の様子を公開し、2020年代後半までに燃料電池トラックの量産にこぎつける方針だ。

 MFTBCはゼロエミベイの主旨に賛同し、商用車のゼロエミッション技術に関する研究開発を会員間の連携を通してさらに推進していくとしている。