EV普及の足掛かりとなるか? テラモーターズが「充電インフラ」100基をコインパーキングに無料提供へ

キーワード :
, , , , ,
テラモーターズは、コインパーキングへのEV充電インフラの導入提案を開始するにあたり、先着100基の無料提供を行うと発表した。

コインパーキングでも充電可能に?

Ev充電のイメージ(画像:写真AC)
Ev充電のイメージ(画像:写真AC)

 EV充電インフラ「Terra Charge」を提供するTerra Motors(テラモーターズ)は、コインパーキングに対してEV充電インフラの導入提案を開始するにあたり、先着100基の無料提供を行うと発表した。

 先着で計100基のEV充電インフラを設置する。スマートフォンアプリで予約・決済が可能なため、ユーザーにとって使いやすく、また管理者側も管理しやすいインフラを提供するという。

 同社は国内のEV化を促進するため、特に分譲マンションでの合意形成課題を解決する導入無料のEV充電インフラ「Terra Charge」事業を2022年4月にスタートした。

 分譲マンションについて導入が進みつつある状況を踏まえ、今後はそれ以外への導入提案を進めていくとしている。

 日本では、2035年までに乗用車新車販売における電動車比率を100%とする目標を掲げているが、EV充電インフラが不足しているのが現状。

 同社によると、全国の駐車場(月極駐車場や住宅の車庫などを除く)のうちコインパーキングが占める車室数は27%。コインパーキングへのEV充電設備の整備を進めることは、日本のEV充電インフラの充実につながるとしている。

 またパーキング運営者にとっても、顧客への提供価値向上による利用時間やリピーター増加も期待できるため、EV充電インフラ整備は施設自体の価値向上施策になるとしている。