ローカル線より深刻 陽の目を浴びぬ「離島航路」存続問題、アフターコロナはどうなるのか

キーワード :
, , ,
瀬戸内海に面した地域には離島航路が多数存在している。しかし、コロナ禍による利用者の減少でさまざまな問題が浮かび上がっている。

コロナ禍で利用者減

カーフェリーのイメージ(画像:写真AC)
カーフェリーのイメージ(画像:写真AC)

 交通事業者はコロナ禍で大きな打撃を受けている。実際、鉄道ではダイヤ改正による減便が実施されている。

 JR西日本は、2022年4月から京阪神エリアの運賃の一部値上げを実施。大阪~神戸間は410円から450円になり、通勤定期も値上げされた。ローカル線は赤字幅が一層拡大し、存続の危機に陥っている。

 そんな鉄道より深刻なのが離島航路だ。瀬戸内海に面した地域には離島航路が多数存在しているが、コロナ禍で航路が廃止され、生活に支障が出ている地域もあるほどだ。

 広島県は特に深刻となっている。同県の南部に位置する三原市では、三原港と因島(尾道市)の重井港を結ぶカーフェリーが2021年4月30日、廃止された。

 この廃止で打撃を受けたのは、この航路が寄港していた佐木島(三原市)である。佐木島の人口は700人強で、日常の買い物はフェリーですぐに出掛けられる三原市に依存していた。

 島北部の鷺港に寄港していたカーフェリーが廃止されたことで、島民の生活は一変した。高速船は残ったものの、カーフェリーは、三原市の須波港と生口島(尾道市)間を運航していたものが島南部の向田港に寄港することになった。

 従来の三原港は市内中心部にあり、ショッピングモールなども近くにあった。対して、須波港は市街地からは離れており、市街地に向かって片側一車線の道路が走っているだけ。利用者は遠回りを強いられるため、利便性が低下した。

 さらに2021年4月、高速船の運賃も520円から710円へと値上げになった。住民たちの要望で、三原市は値上げ幅と同じ額の回数券を配布することになったが、この措置はあくまで「激変緩和措置」とされ、今後も継続するかは明らかになっていない(『中国新聞』2021年12月23日付朝刊)。

 1999(平成11)年に全面開通した「しまなみ海道」は愛媛県今治市と広島県尾道市を結ぶ全長約60kmの道路で、因島や大三島など瀬戸内海に浮かぶ六つの島々を経由している。コロナ禍は、これらの島々にも打撃を与えている。

全てのコメントを見る