悪天時のドローン運航に一役 ウェザーニュースが世界初「多周波気象レーダー」開発へ

キーワード :
, , , ,
次世代空モビリティの安全運航を左右する気象状況をより正確に把握する世界初の多周波気象レーダーシステムの開発に着手すると、ウェザーニュースが発表した。どんなシステムなのか。

雨・雪・雲の自動判別システム

空飛ぶクルマやドローンの飛行を支援する多周波気象レーダーシステムの開発を、ウェザーニュースが開始する(画像:写真AC)。
空飛ぶクルマやドローンの飛行を支援する多周波気象レーダーシステムの開発を、ウェザーニュースが開始する(画像:写真AC)。

 ウェザーニューズは、雨・雪・雲(霧)を自動判別する世界初の多周波気象レーダーシステムの開発に着手すると発表した。空飛ぶクルマやドローンなど次世代空モビリティの実用化が注目される中、安全運航や最適なルート選定を支援する。2024年末のプロトタイプ完成を目指す。

 従来の気象レーダーは、一つのレーダーシステムに単一の周波数帯を利用する方法が取られているため、雲の中を高解像度に観測することが難しかった。

 一方、同社が開発するレーダーは、一つのレーダーシステムに特性の異なる複数の周波数帯を利用することで、雲内部を高解像度に観測し、雨・雪・雲(霧)の判別を可能にするという。

 ドローンは霧雨や弱い雨での飛行は可能だが、強い雨の中での飛行は困難。そのため、雨の強弱を把握して目的地へ確実に到着するには、飛行ルート上の雲の様子を詳しく把握する必要がある。しかし、既存の気象レーダーやライブカメラ、衛星画像など従来の技術を活用しても、雲の内部を高解像度に観測するのは難しいのが実情だ。

 周波数帯は、種類によって捉えやすい気象現象が異なるという特性がある。同社は、この特性を利用することで雲内部の高解像度な観測が可能になり、雨・雪・雲(霧)の違いも判別できるようになるとしている。

 プロトタイプの開発と併せて、ドローンの運航を支援する実証実験も行う予定。その後、量産試作などを経て2030年ごろの運用開始を目指している。

 この研究には大阪大学大学院工学研究科の牛尾知雄教授が参画。技術指導・助言を行う。