「サービスエリア」「パーキングエリア」は何が違う? 意外と知らないトリビアを解説する

キーワード :
, ,
高速道路には、ドライバーや同乗者が休憩できるSAやPAと呼ばれる休憩ポイントがさまざまな場所に設置されている。SAとPAは休憩ポイントという意味では似ているが、細かい役割は異なる。

細かい役割が異なる「SA」「PA」

新東名・浜松SA 名古屋・大阪方面に行く際私がよく利用するSA(画像:都野塚也)
新東名・浜松SA 名古屋・大阪方面に行く際私がよく利用するSA(画像:都野塚也)

 高速道路を走っていると、疲れたり、眠くなったり、おなかが空いたりして休憩したくなる。しかし、高速道路では一般的に駐車が禁止されているため、すぐに停車して休憩することはできない。

 高速道路には、ドライバーや同乗者が休憩できるサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)と呼ばれる休憩ポイントがさまざまな場所に設置されている。

 SAとPAは休憩ポイントという意味では似ているが、細かい役割は異なる。また、設置間隔がおおむね決まっていているため、その間隔を把握しておけば、次のSAやPAまでの距離を割り出すことができ、高速道路でのドライブを快適にできる。

 そこで今回は、ビジネスからプライベートまでさまざまな用途に使えるSAとPAの違いや設置間隔について詳しく解説する。

SAとPAの定義

中央自動車道上り線の諏訪湖SA(画像:都野塚也)
中央自動車道上り線の諏訪湖SA(画像:都野塚也)

 SAとPAの違いや定義は、NEXCO東日本のウェブサイトに掲載されている。それに従って説明していこう。

 SAとは、「人と車が必要とするサービスを提供する休憩施設」と定義されている。人でいえば、

・トイレ
・休憩所
・フードコート

などが該当し、車でいえば、

・駐車場
・ガソリンスタンド

などが該当する。

 一方、PAは「ドライバーの疲れや緊張をとるためのサービスを提供する休憩施設」と定義されており、トイレや自動販売機はほとんどの場所に設置されているが、売店やフードコートは路線やPAの利用状況によって設置の有無がわかれる。

 以上のことから、一般的にSAはPAに比べて規模が大きく、施設も充実しているといえる。特にSAとPAの違いは、ガソリンスタンドの有無である。

全てのコメントを見る