JAL機内食企業が「ISO14001」認証を取得 食材調達や調理で環境に配慮

キーワード :
, ,
機内食製造のジャルロイヤルケータリングが「ISO14001:2015」の認証を取得した。

酵母を使った排水処理設備などを導入

ASIAGAP認証食材を使用した機内食(画像:JAL)。
ASIAGAP認証食材を使用した機内食(画像:JAL)。

 機内食を製造しているジャルロイヤルケータリング(JRC)が、環境マネジメントシステムの国際規格である「ISO14001:2015」の認証を2021年6月21日(月)に取得した。

 JALグループは機内食について、食べ残しと調理時の食品廃棄の削減を目標として設定し、4R(Refuse、Reduce、Reuse、Recycle)を通して様々な取り組みを推進している。

 JRCは、月間4トン(2019年実績)になる調理中に出る野菜の切れ端などを飼料化する取り組みをはじめ、酵母を使い環境に負荷をかけない排水処理設備(バイオルンシステム)の導入、生物多様性に配慮したMSC(海洋管理協議会)認証、ASC(水産繁殖管理協議会)認証、ASIAGAP認証(世界的な農場管理の基準)を受けた食材の積極的な採用など、環境に配慮した活動を進めてきたという。

 今回は「ISO14001:2015」の取得に向けて、環境教育の強化や業務特性を踏まえた目標の設定、さらに環境保全活動を推進していくための体系的・組織的な体制を構築した。

 認証の対象事業所はJRC本社・羽田工場・成田工場、範囲は「機内食の調製及び搭載、上記に伴う倉庫業、煙草・酒類の販売」となっている。