路面に浮かぶ矢印 「工事の車線規制」を直感的に伝える投射技術、DNPなどが開発

キーワード :
, ,
阪神高速技術、テクノ阪神、大日本印刷の3社が、小型照明装置と投射技術により、路面に車線変更を促す矢印を照射する技術を開発した。高速道路の工事の手前などに設置し、より直感的にドライバーに案内できるという。

照明装置はバッテリーで稼働

試験地内での照射の様子(画像:大日本印刷)。
試験地内での照射の様子(画像:大日本印刷)。

 阪神高速技術とテクノ阪神、大日本印刷(DNP)は2021年6月30日(水)、DNPが開発した小型照明装置で高速道路の工事や規制をドライバーに分かりやすく伝える新技術を開発したと発表した。

 DNPの小型照明装置と、3社が共同開発した路面への投射技術を用いて、路面に車線変更を促す矢印を照射するというもの。照明はバッテリーで稼働するため常設電源からの給電は不要で、設置場所の制約は受けない。

 現在、高速道路で車線規制を伴う工事を行う際は、予告看板を区間前方に設置してドライバーに工事をしていることを知らせて、早めの車線変更を案内している。

 今回の新技術により、より直感的にドライバーへ車線変更を案内できるようになり、特に夜間に走行するドライバーと工事従事者の双方のさらなる安全性向上に寄与するとしている。

 DNPはこの小型照明装置の技術が、車線変更を促す矢印のほか、災害時の避難誘導、駐車場・工場などでの誘導、スタジアムや商業施設での道案内、トンネルなどでの警告表示などにも活用できるとして、今後販売していくとしている。