関東~北陸を結ぶ「上信越道」、意外なほど重要路線だった!

キーワード :
, , ,
首都圏と北陸地方とを結ぶルート、上信越自動車道。ドライブ通の筆者が、その魅力を語る。

豪雪地帯を通るため冬期の通行は注意

新潟県内の雪景色のイメージ(画像:写真AC)
新潟県内の雪景色のイメージ(画像:写真AC)

 冬期に上信越道を利用する際は、それなりに気を付けなくてはならないことがある。それは、積雪と凍結。上信越道は標高の高い地域を通るため、より走行に気を使う必要があるのだ。

 特に、軽井沢周辺や妙高高原周辺より北側の地域は、日本屈指の豪雪地帯となるため、上信越道も雪による規制が掛かることが多い。積雪量が多い場合は、通行止めになる可能性すらある。

 通行止めとまではいかなくても、制限速度の規制や冬タイヤ規制、チェーン規制などが、積雪により掛かる可能性は高いため、上信越道を走行するにはあらかじめ準備をしておく必要がある。

 早めの段階からスタッドレスタイヤに履き替えて、できればチェーンも車に積んでおくなどして、万が一の規制にも対応できるようにしておこう。

全てのコメントを見る