関東~北陸を結ぶ「上信越道」、意外なほど重要路線だった!

キーワード :
, , ,
首都圏と北陸地方とを結ぶルート、上信越自動車道。ドライブ通の筆者が、その魅力を語る。

全線片側2車線で快適な走行が可能

上信越道(画像:国土交通省)
上信越道(画像:国土交通省)

 上信越道は、群馬県藤岡市の「藤岡JCT」から新潟県上越市の「上越JCT」までを結ぶ、全長204.3kmの路線だ。群馬県―長野県―新潟県とつながっている。

 起点の藤岡市の近郊には、群馬県の中心である高崎市や前橋市があり、終点の上越市は新潟県で第3位の都市だ。

 交通量もそれなりにあることから、一部を除いて全線が片側2車線になっている。片側1車線だと、どうしても前後の車の存在が気になるところだが、そのような心配もない。

 制限速度も、時速80kmないし100kmに設定されているため、快適で気持ちの良いドライブができる。渋滞もそれほど起きない区間のため、イライラしたりストレスを抱えることも少ないだろう。

 上信越道は、山々の景色に囲まれている風景が続くため、都市部在住の人は特に新鮮な思いでそれらを楽しめるだろう。

全てのコメントを見る