都市型自動運転船「海床ロボット」夢洲で実証実験へ 炎重工の純国産水上ドローン活用

キーワード :
, , , , , ,
大阪・夢洲をフィールドとした実証実験の公募に、純国産水上ドローン「Marine Drone」を使用した都市型自動運転船「海床ロボット」が採択された。都市臨海部の人・物の移動をめぐる課題に対する解決の糸口を探る。

竹中工務店やIHIなどが参加

純国産の水上ドローン「Marine Drone」(画像:炎重工)。
純国産の水上ドローン「Marine Drone」(画像:炎重工)。

 2025年日本国際博覧会協会と大阪商工会議所が主催する「2025年大阪・関西万博の会場予定地である夢洲における実証実験の提案公募」に、2021年5月、純国産水上ドローン「Marine Drone」を使用した「都市型自動運転船『海床ロボット』による都市の水辺のイノベーション実証実験」が採択された。

 Marine Droneは、水上作業の自動化・効率化を目的に炎重工(岩手県滝沢市)が開発している。情報セキュリティや安全性の観点から、OSや自律移動などの制御系も含めてオープンソースを使わずに製作。インフラ点検や災害対策などへの応用を意識し、今後も純国産の開発・改良を進めていくという。

 今回採択されたプロジェクトは、竹中工務店を代表法人とし、共同参加法人として東京海洋大学海洋工学部清水研究室、IHI、水辺総研、新木場海床プロジェクト、ウォーター・スマート・レジリエンス研究協会、炎重工が名を連ねる。

 取り組みではMarine Droneをベースとした都市型自動運転船「海床ロボット」を開発。大都市臨海部の人・物の移動を支えるうえで活用の進んでいない「未開拓」の水域で、海床ロボットを運用し、都市問題の解決の糸口を探る実証が行われる。

 今回の、大阪万博の会場となる夢洲での実証実験の公募には、39件の提案が寄せられた。このうち10件が最終選考を通過し、採択を受託した9件が実証実験候補者となっている。

 実証実験案件は、大阪府・大阪市・大阪商工会議所で構成される「実証事業推進チーム大阪」と連携し、チーム大阪によりフィールド利用に関する調整などが進められる。