EV人気が生み出す大問題 「使用済み電池」をどう処分するのか? 実はそこに希望あるビジネスが存在した!

キーワード :
, ,
電気自動車を中心とした新しい交通システムの構築における最重要課題、EVの「使用済み電池」の処理問題について、新たな動きを紹介する。

コスト面有利な「リユース」

 ハイブリッド車およびEV用廃電池の処理については、2つの方法がある。すなわち、「リサイクル」と「リユース」である。前者は、劣化した電池ユニットを個々のセルに至るまで全て分解し、構成していた素材に分別した上で、再び電池製造用の素材、もしくは他の工業製品の材料に充てるというもの。

 対して後者は、電池ユニットを分解するものの、セル自体を分解する事なく比較的良好なコンディションのものを選別して組み合わせ、新たな電池ユニットとして再商品化するというものだ。前者と比較して後者はコストが安いのが特徴である。

 現在新たなビジネスとして注目されているのは、主として後者である。この分野の先駆者としては、2010年に日産自動車と住友商事が設立した「4R ENERGY(フォーアールエナジー)」が知られており、既に日産のEVおよびハイブリッド車の廃電池を再利用したものが、甑島(鹿児島県薩摩川内市)と夢洲(ゆめしま、大阪市)における大型蓄電池システム、セブン-イレブンによる100%再生エネルギー店舗の実証実験、JR東日本の踏切保安装置電源での活用試験などに導入されている。

 この他にビジネスとして活用が期待できるものとしては、工場などのバックアップ電源やEVそのものの交換用電池への再生、電動フォークリフト他産業機器での再利用なども挙げられる。そもそもEV用リチウムイオン電池は、基本的には安全性に優れ、他業種への流用にも適しているという特性を持っており、リユースビジネス自体が、極めて有望かつEVの普及においても有効なバックアップとなることは間違いない。

全てのコメントを見る