鶴見線「海芝浦駅」はいつから“都会の秘境駅”となったのか? 当時の資料から読み解く

キーワード :
, , ,
近年、昭和レトロな雰囲気で人気の鶴見線。そんな同線(海芝浦支線)の終着駅として知られるのが、海芝浦駅だ。その人気はいつからなのか。資料から探る。

「出られない駅」で有名な路線

海芝浦駅(画像:写真AC)
海芝浦駅(画像:写真AC)

 労働者を工場へ運ぶ路線が、今では観光地に大変身――それが、神奈川県の京浜工業地帯を走る鶴見線だ。鶴見線の始まりは、浅野財閥を中心に設立された鶴見臨港鉄道で、開業は1926(大正15)年である。以降、路線が延伸して現在の形になった。その後、1943(昭和18)年に戦時買収で国有化され、鶴見線となった。現在はJR東日本の路線だ。

 現在の路線は横浜市の鶴見駅と川崎市の扇町駅を走る7kmの本線と、浅野~海芝浦(1.7km)と武蔵白石~大川(1km)の支線からなる。沿線はほとんどが工業地帯で、貨物列車も走る。

 そんななか、ひときわ異彩を放つ駅が海芝浦駅(1940年開業)だ。改札の外は東芝の子会社である東芝エネルギーシステムズの京浜事業所がある。同社の関係者か、許可を得た者でなければ改札を通り抜けることができない

「出られない駅」

である。

 一応、駅に隣接する形で海芝公園という小さな公園が整備されているが、オマケ程度のものだ。敷地自体が東芝の私有地であるため、注意が必要だ。

 列車から降りて、改札口のあたりにカメラを向けると警備員が飛んできて「撮らないでください」と言われる。かくいう筆者(星野正子、20世紀研究家)も始めて訪問した際、不用意に撮影をしてデジタルカメラのデータを消すよう求められたことがある。

 そんな都会の秘境駅である海芝浦駅を訪問することを目的として、鶴見線に乗る人が増えたのは1990年代からだ。

全てのコメントを見る