ヤマハ発動機 ハイパーEV向け電動モーターユニットの試作開発受託開始 最大出力350kW

キーワード :
,
ヤマハ発動機が高出力帯モビリティへの搭載を想定した最大出力350kWクラス(動作電圧800V)の電動モーターユニットを開発。2021年4月から試作開発受託を開始する。

車両に複数ユニットを搭載する用途を想定

350kWクラス電動モーターユニット試作品(画像:ヤマハ発動機)。
350kWクラス電動モーターユニット試作品(画像:ヤマハ発動機)。

 ヤマハ発動機がハイパーEV向けの電動モーターユニットを開発し、2021年4月から試作開発受託を開始する。

 同社は2020年からモビリティ向け電動モーター(35~200kW)の試作開発を受託している。今回、新たにハイパーEVをはじめとした高出力帯モビリティへの搭載を想定した最大出力350kWクラス(動作電圧800V)の電動モーターユニットを開発した。

 主な特徴は、ギア、インバーターを一体化したコンパクトな機電一体型の電動モーターユニットで、複数のユニットを車両に搭載する用途を想定している。

 なお、350kWクラスをはじめとする電動モーターの試作品は、2021年5月26日(水)から28日(金)にかけて開催される「人とくるまのテクノロジー展2021 横浜」に出展する予定。