国内スタートアップ「資金調達金額ランキング」発表! SkyDriveが96億円調達で7位に新規ランクイン【2022年1~9月】

キーワード :
, ,
ベンチャー企業支援のフォースタートアップスが「国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2022年1~9月)」を発表。SkyDrive(7位)が新規ランクインを果たした。

資金調達合計金額は426億2596万円

資金調達のイメージ(画像:写真AC)
資金調達のイメージ(画像:写真AC)

 ベンチャー企業支援のフォースタートアップス(東京都港区)は年10月19日、国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2022年1~9月)を発表した。1位は医療関係者コミュニケーションアプリを手掛けるアルムで、交通・運輸・モビリティ産業関連企業ではSkyDrive(7位、96億円)が新規ランクインを果たした。

 空飛ぶクルマを開発するSkyDriveは、2022年9月に第三者割当増資と銀行融資により96億円の資金調達を実施した。シリーズCラウンドとなる本調達には、SCSK、関西電力、近鉄グループホールディングス、スズキ、損害保険ジャパン、東京海上ホールディングス、豊田鉄工、日本化薬、日本発条、ペガサス・テック・ベンチャーズ、三井住友信託銀行、三菱UFJ銀行、りそなグループの計13社が参加。同社は現在、2025年の大阪・関西万博開催時に、大阪ベイエリアでのエアタクシーサービスの実現を目指し、2人乗り機体「SkyDrive式SD-05型」(「05」)の開発を進めている。

 そのほか、自動運転開発システムのティアフォー(4位、121億6000万円)、ドローン運行管理システムのテラドローン(9位、80億円)、パワーエックス(18位、55億3000万円)がランクインしている。

 トップ20にランクインしている企業のうち、累計資金調達金額が100億円を超えている企業はアルム、LegalForce、アンドパッド、ティアフォー、Spiber、ソフトバンクロボティクスグループ、SkyDrive、クリーンエナジーコネクト、AIメディカルサービス、テラドローン、Synspective、CureApp、UPSIDER、Rapyuta Robotics、アストロスケールホールディングスの15社。

 2022年10月6日時点で、2022年9月における資金調達金額の中央値は1億9828万円、平均値は5億745万円、資金調達合計金額は426億2596万円となった(一部融資や社債での資金調達を含む)。