UDトラックス、「クオン」2022年型モデル発売 燃費・環境性能が向上、車間距離制御装置に新機能も

キーワード :
, ,
UDトラックスが、大型トラック「Quon(クオン)」2022年型モデルの販売開始を発表した。11Lエンジン「ESCOT-VI」を搭載している。

11Lエンジン「ESCOT-VI」を搭載

2022年型モデルの「Quon」(画像:UDトラックス)
2022年型モデルの「Quon」(画像:UDトラックス)

 UDトラックス(埼玉県上尾市)は7月21日、大型トラック「Quon(クオン)」2022年型モデルの販売開始を発表した。

 2015年度の重量車燃費基準を+10%達成、および2025年度を目標年度とする重量車の新しい燃費基準を満たした11Lエンジン「ESCOT-VI」を搭載している。

 発売する2022年型モデルは、

・「ECO+モード」の追加
・エンジンオイルの性能向上
・低転がり抵抗タイヤの採用

などで、ESCOT-VI搭載車の燃費・環境性能がさらに進化。また、トラフィックアイクルーズ(車間距離制御装置)に新機能を追加するなど、運転性能が向上している。

よりクリーンに、より力強く

 主に以下により、燃費・環境性能を向上させた。

 ECOモードを3段階に  GH11モデルに「ECO+モード」を追加したことで燃費向上を図った。エンジンをかけた状態ではデフォルトとして「ECO+」に設定されているが、走行中必要なパワーに応じて「ECO+」「ECO」「ECO OFF」を任意で変更できる。

 また、より低粘度のエンジンオイルを採用し、耐酸化性能を高めたほか、長寿命化も実現した。さらに、低転がり抵抗係数タイヤを採用した。

 さらに、オートクルーズの利便性向上を図り、トラフィックアイクルーズの機能を向上させた。従来は前方車の減速にあわせて自車の車速が15km/h未満になると自動的に機能が解除されましたが、2022年型モデルでは減速後に完全に停車しても機能は継続する。

 今回の発売に際して、同社の丸山浩二代表取締役社長は、

「昨今の地政学リスクを受けて、燃料費が高騰しています。2022年型モデルはこうした喫緊の課題の解決に貢献すると同時に、2050年カーボンニュートラルに向けた長期的な取り組みの一助にもなります」

と述べている。

 クオンは2017年に新型モデルを投入以来、2019年に8Lエンジン搭載車を追加して積載量重視のユーザーのニーズに対応してきたほか、2021年には最新の電子制御操舵システム「UDアクティブステアリング」を採用してトラックドライバーの運転環境を改善するなど、物流の課題解決につながる商品開発を行っている。