アスクル、日高市の物流センターで国内EC業界最大規模の自律走行型ロボットを本格稼働 生産性は従来の約1.8倍に

キーワード :
, ,
アスクルがこのたび、埼玉県日高市の物流センターで自律走行型協働搬送ロボットを導入し、本格稼働を開始した。

自律走行型ロボを34台導入

アスクルの企業ロゴマーク(画像:アスクル)
アスクルの企業ロゴマーク(画像:アスクル)

 アスクル(東京都江東区)は6月22日、同社物流センターのASKUL Value Center 日高(以下、AVC日高。埼玉県日高市)に、ラピュタロボティクス(同)の自律走行型協働搬送ロボット・ラピュタPA-AMR(以下、AMR)を導入し、本格稼働を開始した。

 AMRは、ピッキング作業における歩行工程の多くを人に替わって担い、自ら判断し人や障害物を回避しながら移動、人と協働しながらピッキング作業を行える。アスクルはAI・テクノロジーを活用して、物流センターにおける生産性向上を目指し高度自動化を進めている。

 生産性の向上に加え、ピッキング作業における歩行工程の大幅削減を実現すべくAMRを国内EC業界最大規模である34台を導入し、従来の約3割減の人員で約1.8倍の生産性を達成した。

 AMRの導入で、ピッキング作業の生産性の向上はもとより、従業員の長距離歩行負荷軽減を実現し、物流現場の働き方のDXを一層推進した。

AVC日高へのAMR導入背景

 昨今のEC需要拡大に伴い、アスクルの物流センターにおいても出荷量が増加している。今回、一部エリアにAMRを導入したAVC日高は、東日本エリアのLOHACO出荷を担当する広大なピッキングエリアに商品の在庫棚が立ち並ぶ物流センターで、人力によるピッキングを実施していた。

 従業員は庫内の端から端までカートを押しながら歩行し商品のピッキングを行う必要があり、増加する出荷量に対して人力で生産性を一層あげることが困難になりつつあった。また、従業員の長距離歩行負荷が大きいことも課題だった。

 一方、365日稼働するAVC日高は「センターの稼働を止めずに導入できるソリューションでなくてはならない」という制約があった。

 これを受け、生産性の向上を追求するとともに、従業員の歩行負荷低減を両立し、既存の設備を変更せずに導入可能なソリューションとしてAMRの導入に至った。本事例はAI・テクノロジーを活用し、バリューチェーン全体のDXを加速させる取り組みのひとつとなる。

A従来の約3割減の人員で約1.8倍の生産性を達成

 国内EC業界最大規模である34台のAMRを導入し、本格稼働を開始した。まとまった台数を一度に導入することで、AVC日高のピッキングエリアのDX推進を目指した。

 AMRは、従来人が担っていたピッキング作業における歩行工程の大半を人に替わって担い、人と作業分担しながら同じエリアで働くロボットのことで、自己位置や障害物を認識し指定位置まで自律走行するもの。

 従業員は近くのAMRの画面指示に沿ってピッキング作業を行い、作業が終わるとそのロボットの画面で表示される「どの商品棚へ行けば次の作業ができるか」に従って近辺エリアで別注文のピッキングを担当する。

 本導入により、歩行の大半はAMRが担うため従業員の長距離歩行負荷が軽減され、より働きやすい環境づくりを実現した。さらに、従業員がピッキング作業に専念できるようになったため、従来の約3割減の人員で約1.8倍の生産性を達成し、ピッキング工程の生産性を飛躍的に向上させた。

全てのコメントを見る