配送ドライバーを軽視? コロナ禍で人気の「ネットスーパー」がドタキャン連発、キャンセル料すら払わない現実が明らかに

キーワード :
, , ,
コロナ禍に売り上げを伸ばすネットスーパー、しかしその大動脈である物流の現場には、新しいテクノロジーのひずみが生まれている。

配送員の仕事に穴が開く

ネットスーパーの利用イメージ(画像:写真AC)
ネットスーパーの利用イメージ(画像:写真AC)

 どの物流もそうだが、発荷主側が運んでもらうはずの荷物が届かないという場合はある。海運コンテナなどまさにそれで、特に海外からのコンテナとなると、正確に時間は読めない。

 近年はコロナ禍で人員もコンテナも足りず港が混乱、一例としてマクドナルドのポテトが休止になった報道は記憶に新しいだろう。日本の港でもそうしたコンテナ船の着港に合わせてトレーラーが待機するが、結局、コンテナ船がその日に着かずキャンセルということがある。

 もちろん、その場合は配送側にキャンセル料が支払われるが、エントリーから放置して案件そのものの発荷主側キャンセル(取り下げ)となると、ただのエントリー落ちという状態で、配送員は予定を入れても1円も入らないどころか、仕事に穴が開いてしまう。

「ドライバーはエントリーした以上、その日のスケジュールを空けて当選してもいいようにしておきます。もちろん、多くの荷主は商品を運んでほしいわけですからエントリーから間もなく配送者を決めてくれますが、このネットスーパーは決めないのです」

 運んでほしいからこそ軽貨物マッチングアプリサービスを利用するわけで、決めずにキャンセルを繰り返すそのネットスーパー。業界でも大手のはずで、よくあるエントリー詐欺のような「配送者の個人情報が欲しい」とかではないだろう。なぜなのか。

「ギリギリまで決定しておかない方式で、キャンセル料を払わずして配送員を確保しているのだと思います。客の注文数に応じて稼働台数をコントロールするわけで、決定してしまうと客のキャンセルや当初予定ほどに注文がなかった場合、ネットスーパーがキャンセル料を払わなければいけなくなる。お客さまからの注文数に合わせて配送車の数もコストダウンして最低数で回すために、そのツケを案件で釣って配送員に押し付けているのです」

全てのコメントを見る