意外と知らない? エスカレーターの「片側」を空けてはいけない根本理由

キーワード :
,
歩行者のためにエスカレーターの人を片側に寄せた場合、エスカレーターの輸送能力は半分になる。その結果はどうなるだろうか。

歩行リスクの増加

エスカレーターと片側空け人間(画像:写真AC)
エスカレーターと片側空け人間(画像:写真AC)

 日本エレベーター協会は、「エスカレーターでの歩行」をしないように呼びかけている。普通、エスカレーターの取扱説明書を見てから乗るという人はいないと思うが、インターネット上で入手可能なエスカレーターの取扱説明書をいくつか見てみたところ、いずれにも歩行が禁止であること、歩行してはいけないことを利用者に呼びかけるべきであることが明記されていた。

・エスカレーター上を歩くこと
・片側を空けること

にはどのような問題があるのだろうか。

 エスカレーター上を歩行すると、転倒のリスクが高まる。本人が転びやすくなるだけではなく、立ち止まって利用している人との接触によって、その人を転倒させてしまうリスクも高まる。

 また、歩く人のために片側に寄ってしまうと、エスカレーターの輸送能力が半減してしまう。このため、設計上必要な輸送能力が確保できずに、ホームなどに人が滞留して別のリスクを高めてしまう。

 リスクが高まらなくても、効率が悪いので全員の平均移動時間は長くなってしまう。立ち止まる側が左右のどちらかに固定されてしまうと、何らかの事情で片手を使えない人がベルトにつかまれないため、こういった人の転倒リスクも高めてしまう。さらに、人が片側に寄ることで荷重が偏るため、エスカレーターの設備が早く痛んでしまうという問題もあるようだ。

 こうした問題を受け、近年ではエスカレーターの歩行禁止を条例化する自治体が増えている。鉄道事業者等も、エスカレーター上で歩行しないように呼びかける取り組みを拡大している。

全てのコメントを見る