盗難車犯罪の温床「違法ヤード」 解体された自動車が海外輸出される残酷現実、規制強化で本当に防げるのか

キーワード :
,
日本の自動車ビジネスにおいて重要な役割を担っている金属スクラップヤードが、多くの問題を引き起こしている。その理由は主にふたつある。

廃車リサイクルの重要性

港のコンテナ内から発見された盗難車両(画像:千葉県警察)
港のコンテナ内から発見された盗難車両(画像:千葉県警察)

 2023年10月に千葉県議会で可決された金属スクラップヤードに関する規制条例が2024年4月に施行される。この条例が議会に提出され、可決されるに至った背景には、金属スクラップヤードに関するさまざまな問題があった。

 金属スクラップヤードとは、廃車の解体を前提とした金属スクラップの一時保管場所のことである。解体された自動車が積み上げられている場所を思い浮かべる人も多いだろう。

 首都圏では千葉県が最も多い。その数は約600、それ以上という指摘もある。そのうちの約300か所は、

・千葉市(県中央部)
・野田市(北西部)
・市原市(中央部)
・四街道市(北部)

を通る国道16号線沿いに集中している。

 金属スクラップヤードは、現在年間300万台弱と推定される日本の廃車を適切にリサイクルするために不可欠な施設である。廃車はここで解体される。中古部品、鉄鋼材料、非鉄金属材料、再生プラスチック材料、その他のシュレッダーダストなどに分別され、再利用される。

全てのコメントを見る