信号ないのに「ラウンドアバウト」が右折事故を減らせる理由

キーワード :
,
ラウンドアバウトとは、信号機のない円形の交差点のことで、左折で進入し、「時計回り」に走行し、目的地で左折して退出する。今回は、右折事故とラウンドアバウトの安全効果についてリポートする。

信号なしの円環交差点

ラウンドアバウト(画像:写真AC)
ラウンドアバウト(画像:写真AC)

 筆者(伊波幸人、自動車ライター)の故郷である沖縄県には、沖縄本島の最南端に位置する糸満市をはじめ数か所に「ラウンドアバウト」が存在する。

 ラウンドアバウトとは、信号機のない円形の交差点で、左折で進入し、「時計回り」に走行し、目的地で左折して退出する。ラウンドアバウトはまだ珍しく、現在日本全国に162か所あり、沖縄県内には3か所しかない。

 一昔前、糸満市のこの交差点は「糸満ロータリー」と呼ばれ、五つの幹線が流れ込み、信号機もある複雑な交差点だった。そのロータリーが、上記のような背景と景観改善の目的でラウンドアバウト化された。

 2024年2月8日、筆者はこのロータリーを通行してみた。ラウンドアバウトに入るときは、右側から回ってくる車と横断する歩行者に注意しながら左折した。ロータリーを出るときも同様に左折したが、歩行者と道路の左側に注意を払った。

 さて、あることに気づいた。それは、ラウンドアバウトには右折が必要ないということだ。運転再開を支援するリハビリテーション職種である筆者にとって、右折がないことは非常に重要である。右折は運転を処理する脳への負担が大きく、事故が起きやすいからだ。

 というわけで今回は、右折事故とラウンドアバウトの安全効果についてリポートする。

全てのコメントを見る