信号待ちなし、事故減少 メリット多い「ラウンドアバウト」、なぜか日本で広がらないワケ

キーワード :
,
「ラウンドアバウト」、あるいは「環状交差点」と呼ばれる交差点がある。メリットが多いのに日本で浸透しないのは、なぜなのだろうか。

イギリスで研究

ラウンドアバウト(画像:写真AC)
ラウンドアバウト(画像:写真AC)

「ラウンドアバウト」、あるいは「環状交差点」と呼ばれる交差点がある。イギリスで研究が進められ、1990年代から運用開始、その後ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアなどで普及していった。日本での本格的な運用は2014年からとなっている。

 ラウンドアバウトにはメリットが多く、国によってはかなり浸透しているらしいのだが、日本で浸透しているとはお世辞にも言い難い。日本でラウンドアバウトが普及しないのはなぜなのか。普及していくために何が足りないのかを考えたい。

 まず、ラウンドアバウトについて簡単に説明する。ラウンドアバウトはドーナツ形の交差点で、信号を必要としない。真ん中に「中央島」と呼ばれる円があり、この周りを「環道」という道がぐるりと囲んでいる。この環道に徐行、かつ左折で進入し、時計回りに進んで、目当ての道に行きついたら、左折して環道から抜け出す。

 例えば、4方向からの道路が交わる従来の十字路であれば、直進ならそのまま直進するだけだが(場合によっては赤信号で停止する)、ラウンドアバウトを通って直進する場合は、「環道に左折で進入→時計回りに進んで1本目の道を通り過ぎる→(“直進”に当たる)2本目の道に左折して合流」という流れになる。右折する場合は「3本目を左折」であり、4本目を左折すればUターンだってできてしまう。