「シェルのGS」消える 出光の統合ブランドへ移行 3年かけ6400店切り替え

キーワード :
, ,
出光興産と昭和シェルのガソリンスタンドが、新ブランド「アポロステーション」として装いを新たにする。これにともない、長年親しまれてきたシェルのマークは消滅へ。サービスはどうなるのだろうか。

経営統合から2年、ブランド統合へ

アポロステーションのイメージ(2020年11月24日、中島洋平撮影)。
アポロステーションのイメージ(2020年11月24日、中島洋平撮影)。

 出光興産と昭和シェル石油を統合したガソリンスタンドの新ブランド、「アポロステーション(apollostation)」が2021年4月に発足する。その記者会見が2020年11月24日(火)に行われた。

 両社の経営統合は2019年4月に実施され、ブランド統合に向けた検討を進めてきたという。既存の出光とシェルのスタンドは合計で約6400店、業界第2位の勢力だ。これら店舗が順次、アポロステーションに切り替わる。店舗のデザインはもちろん、制服、タンクローリー、エンジンオイル類、さらにはクレジットカードのデザインまで、一新される。

 アポロステーションへの切り替えは2023年まで、3年をかけて実施していくとのこと。このため、2021年4月からしばらくは、アポロステーションと既存の出光のスタンド、そして昭和シェルのスタンドが併存するが、昭和シェルのあの貝のマークはだんだんと消えていく。

「シェルのマークはもともとライセンス契約があったこともあり、出光のアポロマークを基本に新デザインを進めていくのは前提でした」と出光興産の上席執行役員 販売統括 森下健一さんは明かす。新デザインにシェルのマークは一切使われず、シェルの要素をデザインに盛り込んでもいないそうだ。