クルマが全てを“お見通し”? ホンダが示した事故ゼロへの道 世界初の運転支援技術の凄み

キーワード :
, , ,
ホンダが2050年の交通事故死者ゼロに向け開発している先進安全技術を初公開した。事故につながる運転時のヒューマンエラーをなくす技術。そして、ドライバーだけでなく周囲の他者にもリスクを伝える技術だ。

クルマがドライバーの心身、知覚を把握する

ホンダが発表した技術は、クルマが周囲の状況を把握するだけでなく、リスクを他者へ伝えるという。画像はイメージ(画像:ホンダ)。
ホンダが発表した技術は、クルマが周囲の状況を把握するだけでなく、リスクを他者へ伝えるという。画像はイメージ(画像:ホンダ)。

 ホンダが2021年11月25日(木)、交通事故をゼロにすべく開発している先進の将来安全技術を世界初公開した。2030年にホンダの二輪・四輪が関与する交通事故死者を半減、2050年にはゼロにするという高い目標を掲げるが、そのカギとなる技術は、どのようなものなのか。

 ホンダが今回、世界初の技術として発表したのが、AI(人工知能)を活用する「知能化運転支援技術」だ。これにより、事故につながる運転のミス、ヒューマンエラーをなくすという。ホンダは次世代の運転支援技術で目指す提供価値として、以下の3つを挙げる。

・運転操作ミスをしない(操作アシスト):AIによるフラつき低減、操作遅れ防止を支援。

・見落とし、予知予測ミスをしない(認知アシスト):視覚・触覚・聴覚でリスクを伝える。

・漫然運転によるミスをしない(覚醒アシスト):眠気や疲労を軽減してくれる。

 たとえば、クルマがドライバーの心拍を把握し、漫然状態ならばシートバックから心拍を上げる振動を伝達する、見落としている歩行者などが飛び出してくるかもしれないシーンを外部カメラ情報からAIで理解し、インジゲーターやシートベルトの張力変化でドライバーへリスクを伝達する、といった技術だ。

 ホンダはヒューマンエラーを解明すべく磁気共鳴機能画像法(脳が機能している活動部位を、血流の変化から画像化する方法の一つ)を活用し、“人を理解する技術”の研究開発を行ってきたという。それにセンサーやカメラの技術、AIによる運転リスクの検出を掛け合わせる。

 さらに、通信技術を活用し、全ての交通参加者が通信でつながる、「安全・安心ネットワーク技術」の構築を図る。

 周囲の環境をシステムが認識し、仮想空間上の交通環境でリスクを予測。そこから導き出された最適な支援情報を、交通参加者一人ひとりへ配信、未然にリスク回避行動を促すという。ドライバーだけでなく、歩行者を含めた他者へ支援情報を知らせる「協調安全社会」の実現を目指す。

「知能化運転支援技術」は2020年代前半に要素技術を確立し、2020年代後半の実用化を、「安全・安心ネットワーク技術」は2020年代後半の標準化を目指すとしている。