「オートバイ」と呼ぶのは日本だけ! 背後にあった知られざる歴史的背景とは

キーワード :
, ,
日本では一般的に、エンジンが付いている二輪車を「オートバイ」と呼ぶことが多い。しかしこれは和製英語だ。なぜ広く使われているのか。

呼称に込められた深い愛情

「ぽんぽん」のイメージ(画像:焼津市)
「ぽんぽん」のイメージ(画像:焼津市)

 オートバイとそれにまつわるエンジン付き二輪車の呼称について、世界の例も交えて解説してみたが、実はわが日本にはもうひとつ地域が限られる呼称があった。それは

「ぽんぽん」

である。

 日本におけるオートバイの一大生産地だった静岡西部から名古屋辺りの中京地区で1940年代から1970年代に掛けて使われていたこの呼称は、そのエンジン音を表したものといわれている。

 筆者(浅野良、フリーランスノンフィクションライター)が自動二輪の運転免許を取得した1970年代終わり頃、この「ぽんぽん」という呼称を使っている人物は同世代でも多かったのだが、最近はどうなっているのだろうか。

 個人的にはオートバイやモーターサイクルに対する呼称としては、実に愛情にあふれた好ましいものと今でも思っている。

全てのコメントを見る