商船三井「数理最適化」で配船計画 数百万通りから自動車船の運用最適解を導き出す

キーワード :
, ,
商船三井が、数理最適化を活用した自動車船の配船計画支援システムの運用を開始した。数百万通りの組み合わせから、船隊全体としての最適解を短時間で導き出せるという。

最適な計画を短時間で導き出すアルゴリズムを開発

自動車船「BELUGA ACE」(画像:商船三井)。
自動車船「BELUGA ACE」(画像:商船三井)。

 商船三井と商船三井システムズは2021年5月28日(金)、数理最適化を活用した自動車船の配船計画支援システムの運用を開始したと発表した。

 商船三井は、自動車船オペレーターとして世界最大規模の約100隻を運航している。自動車需要に応じるには船隊の全船を効率的に運用することが条件だが、そのため、1船ごとに数か月先まで輸送ルートをシミュレーションしている。理論的には全船で数百万通りにものぼる組み合わせから、船隊全体としての最適解を導き出す必要があるという。

 今回の取り組みでは、大阪大学の梅谷俊治教授の協力の下、数理最適化技術を用いて膨大な組み合わせの中から最適な配船計画を短時間で導き出すアルゴリズムを開発し、これを基にしたシステムの運用を開始した。

 これにより迅速な意思決定が可能となり、輸送需要の変化にも機動的に対応することが可能に。また、船隊全体の輸送効率の向上は、輸送単位量あたりの燃料の節減につながり環境負荷低減への貢献も期待できるとしている。