日本初のLNG燃料フェリー 燃料供給でさんふらわあと九電が契約 1日約50t供給

キーワード :
, , , ,
商船三井とフェリーさんふらわあ、九州電力が、日本初のLNG燃料フェリー「さんふらわあくれない」「さんふらわあむらさき」へのLNG燃料供給に関する基本協定書を締結した。

タンクローリー4台で同時供給

LNG燃料供給の作業と体制のイメージ(画像:商船三井)。
LNG燃料供給の作業と体制のイメージ(画像:商船三井)。

 商船三井とフェリーさんふらわあ、九州電力は2021年3月29日(月)、商船三井グループのフェリーさんふらわあが運航する日本初のLNG燃料フェリー「さんふらわあくれない」「さんふらわあむらさき」へのLNG燃料供給に関する基本協定書を締結した。

 燃料は、九州電力から商船三井テクノトレードを通じてさんふらわあに販売する。九州電力グループの大分エル・エヌ・ジーからタンクローリーで出荷。ニヤクコーポレーションが燃料輸送とフェリーへの供給作業を、大分瓦斯が燃料供給中の安全管理をそれぞれ担う。

 具体的には、大分の別府港に着岸する船に対し、タンクローリーから1日約50tを供給する。タンクローリー4台と導管(スキッド)を接続し、4台同時に供給することで、LNG燃料の供給時間を短縮する。LNG燃料の供給開始は、フェリーが竣工する2022年末頃を予定している。