エネオスとトヨタ 実験都市で水素活用の具体的検討開始 需要の原単位検証も視野

キーワード :
, ,
トヨタが建設を進める実験都市「ウーヴン・シティ」での水素エネルギーの利活用について、エネオスとトヨタが具体的な検討を開始。グリーン水素の供給、需給管理などの体制構築・研究を進めていく。

水素の製造・供給・利用を通じて原単位を検証

エネオスとトヨタが、ウーヴン・シティでの水素エネルギー利活用の具体的な検討を開始(画像:エネオス)。
エネオスとトヨタが、ウーヴン・シティでの水素エネルギー利活用の具体的な検討を開始(画像:エネオス)。

 エネオスとトヨタは2021年5月10日(月)、静岡県裾野市でトヨタが建設を進める実験都市「ウーヴン・シティ(Woven City)」での水素エネルギーの利活用について、具体的な検討を進めることで基本合意したと発表した。

 両社は、モビリティの開発を担うトヨタ子会社のウーヴン・プラネット・ホールディングスとともに、次の4項目について具体的な検討を進めていく。

(1)エネオスよるウーヴン・シティ近隣での水素ステーションの建設・運営
(2)エネオスが上記水素ステーションに設置した水電解装置で再生可能エネルギー由来の水素(グリーン水素)を製造し、ウーヴン・シティに供給。トヨタが定置式FC(燃料電池)発電機をウーヴン・シティ内に設置し、グリーン水素を使用
(3)ウーヴン・シティやその近隣での物流車両のFC化推進とFC車両を中心とした水素需要の原単位の検証およびその需給管理システムの構築
(4)ウーヴン・シティ内に設置する実証拠点での水素供給に関する先端技術研究

 エネオスは四大都市圏で商用水素ステーションを45か所展開している。大田勝幸社長は「世界規模でカーボンニュートラルに向けた動きが加速するなか、水素エネルギーはその実現の切り札として期待されています。今回、水素社会の形成をリードするトヨタと共に、ヒトと水素が共存する新しいライフスタイルの創出につながる実証を進めていく意義は極めて大きいと考えます」とコメント。

 トヨタの豊田章男社長は「水素社会の実現に向けては、個々の技術の進化に加えて、『つくる』『運ぶ』『使う』というすべてのプロセスをつなげて取り組むことが欠かせません。今後エネオスと一緒に、ウーヴン・シティというリアルな場で『ヒト中心』に、地域とともに、水素を使った暮らしのあり方や技術を検証し、その原単位を日本全国や世界に展開できるよう、取り組んでまいります」と展望を語った。