トヨタ「人に寄り添った」高度運転支援機能発表 高速は手放し可 新型LS・MIRAIに搭載

キーワード :
, , , , , ,
トヨタが高度運転支援技術の新機能「Advanced Drive」を発表。レクサスの新型「LS」とトヨタの新型「MIRAI」に搭載し発売する。

自動運転レベルは「2」

高度運転支援機能「Advanced Drive」を搭載した新型「LS」と新型「MIRAI」(画像:トヨタ)。
高度運転支援機能「Advanced Drive」を搭載した新型「LS」と新型「MIRAI」(画像:トヨタ)。

 トヨタは2021年4月8日(木)、高度運転支援の新機能「Advanced Drive」を発表した。この機能を搭載したレクサスの新型「LS」は8日(木)、トヨタ「MIRAI」は12日(月)に発売する。

 Advanced Driveは、高速道路や自動車専用道路の本線上の走行を支援するシステムで、自動運転レベル2に該当する。ナビゲーションで目的地を設定すると、ドライバー監視のもと、システムが実際の交通の状況に応じて、認知、判断、操作を支援しながら、車線・車間の維持、分岐、車線変更、追い越しなどを行いつつ走行する。この間、ドライバーはハンドルから手を離すことができ、ステアリングやアクセル、ブレーキの操作から解放される。

 Advanced Driveの特徴は「人に寄り添った運転支援」だ。トヨタのチーフテクノロジーオフィサーである前田昌彦さんは報道機関向けの説明会で、「ご自身の運転スタイルとなるべく変わらないような走行になるよう配慮をした」と説明。「安心して自分の運転を任せられる、使っていただけるシステムかどうか、ということにこだわって開発」しているという。

 技術的な特徴としては、Intelligent(知能化)、Reliable(信頼性)、Perceptive(高い認識性能)、Interactive(ドライバーとクルマの対話)、Upgradable(ソフトウェアアップデート)という5つを備える。