「タクシー客はここにいる」ソニーAIがリアルタイム需要予測 大和自動車交通が導入

キーワード :
, , ,
大和自動車交通が、ソニーグループ提供のタクシー需要予測サービスを導入する。ヒートマップや需要急増のリアルタイム通知などを通じて、ドライバーに効率的な走行ルートの意思決定を支援する。

500mメッシュで需要をマップ表示

タクシー車内に設置されている乗務員用タブレット端末(画像:大和自動車交通)。
タクシー車内に設置されている乗務員用タブレット端末(画像:大和自動車交通)。

 大和自動車交通は、東京都内を走るグループ約2000台のタクシー車両に対し、ソニーグループ提供の需要予測サービスを2021年4月から随時導入する。乗務員用タブレット端末を通じてドライバーに効率的な走行ルートの意思決定を支援する。

 サービスは、大和自動車交通の株主であるS.RIDE(東京都台東区)を通じて導入。ソニーグループのAI技術を活用し、東京都内を営業走行する1万台超のタクシー車両の走行データを基に開発された需要予測ソリューションだ。

 機能は、500m四方ごとの需要ヒートマップや、高需要スポットのピンポイント表示をはじめ、客を降ろした後に得意な営業エリアへ向かう際などに、需要が高いスポットを経由するルートの提案、電車の運休・遅延や大型イベント終了などによるタクシー需要急増のリアルタイム検出・通知、局地的な大雨の予測、空車の走行位置表示、長距離・長時間乗車が高いスポット需要予測などがある。

 大和自動車交通は、需要予測サービスを活用し、客とタクシー車両を効率的にマッチングすることで実車率を向上させるとともに、業務ハードルを下げることでタクシー乗務員の募集に寄与することも期待するとしている。