自動車のサイバーセキュリティー市場 「車載」が7割以上のシェア、クラウドサービスは3割 アジア経営者調査で明らかに

キーワード :
, ,
インドの調査会社アステュート・アナリティカは7月30日、自動車サイバーセキュリティー市場に関する調査を発表した。

アジア太平洋地域のリーダー540人が回答

自動車(画像:写真AC)
自動車(画像:写真AC)

 インドの調査会社アステュート・アナリティカは7月30日、自動車サイバーセキュリティー市場に関する調査結果を発表した。

 調査対象はアジア太平洋地域に拠点を置く、あらゆる規模の組織のリーダー540人(電話調査220人、インターネット調査320人)。

 まず「自動車のサイバーセキュリティー市場で提供されているものは何ですか?」の問いには、サービス(テスト/評価および統合)セグメント(部分)が約45%のシェアを占め、2021年の市場価値は約5億9130万ドルだった。セグメントはサービスのほか、ソフトウエア、ハードウエアに分割される。

 次に「自動車のサイバーセキュリティー市場で最も高いシェアを持っているのはどの形態ですか?」の問いには、車載セグメントが約72%のシェアを占め、2021年の市場価値は約9億2000万ドルだった。セグメントは車載のほか、クラウドサービスがある。

 さらに「自動車のサイバーセキュリティー市場で最も高いシェアを持っているのはどのセグメントですか?」の問いには、無線ネットワークセグメントが43.5%のシェアを占め、2021年の市場価値は5億5600万ドルでした。セグメントは無線ネットワークのほか、エンドポイント、アプリケーション、ワイヤレスネットワークがある。

 最後に「自動車のサイバーセキュリティー市場で使用されているアプリケーションは何ですか?」の問いには、インフォテインメントセグメントが約34%のシェアのシェアを占めた。セグメントはインフォテインメントのほか、ADASと安全性、ボディエレクトロニクス、通信システム、パワートレイン、テレマティクスがある。

 同社は今回の調査に際し、

「接続された車(コネクテッドカー)の数が増えるにつれて、車への攻撃の可能性はカージャックに限定されなくなりました。車両をリモートでサイバー攻撃することが可能になり、そのようなハッキングは交通安全に劇的な影響を与える可能性があります. Bluetooth、Wi-Fi、または 衛星利用測位システム(GPS)テクノロジーを介した車両への個人的な接続も、ほとんどの顧客が使用する重要な機能です。 このようなデータへの盗難や敵対的なアクセスは、リアルタイムの位置情報へのアクセス、車内のインフォテインメントとのやり取りの取得、行動の潜在的な分析など、人々のプライバシーに問題をもたらします。接続技術が組み込まれているか、装備されていれば、ほぼすべての車両を接続できます。これにより、車両はネットワーク、他の車両、および周辺環境との間でデータを送受信できます。 コネクテッドカーの需要は、主に交通安全への懸念の高まり、交通渋滞の増加、および車両接続の需要の増加により急増し、政府と自動車メーカーはコネクテッドカーの成長を共同で奨励しています」

と主な市場の推進要因を説明している。