モバイルSuica2025年度までに2500万枚 不動産強化 JR東が経営計画変更

キーワード :
, ,
JR東日本がグループ経営ビジョン「変革2027」について、2026年3月期を新たなターゲットとした数値目標を設定。運輸事業の目標は2023年目標より低く設定された。

グループ経営計画をコロナ受け変更

JR東日本が経営計画を変更。写真はイメージ(画像:kawamuralucy/123RF)。
JR東日本が経営計画を変更。写真はイメージ(画像:kawamuralucy/123RF)。

 JR東日本は2021年1月29日(金)、グループ経営ビジョン「変革2027」について、2026年3月期を新たなターゲットとした数値目標を設定したと発表した。

「変革2027」は2018年7月に発表され、2023年月期をターゲットとした各種の数値目標が設定されていたが、「経営環境の急激な変化」を踏まえ、次のような連結営業利益の新目標が策定された。2026年3月期の新目標、2023年3月期の旧目標、カッコ内に2020年3月期の実績値の順で記載する。

●連結営業利益:4500億円←5200億円(3808億円)
・運輸事業:2520億円←3300億円(2505億円)
・流通・サービス事業:570億円←560億円(343億円)
・不動産・ホテル事業:1130億円←1090億円(746億円)
・その他:300億円←260億円(238億円)
・調整額:△20億円←△10億円(△26億円)

 目標数値からは、運輸事業の目標はほぼ2020年3月水準のままとし、特に不動産・ホテル事業を大きく伸ばしていくことが伺える。