「紙のチケットいらず」MaaS 東京多摩エリアにも 一日券などスマホで完結 相乗りタクシーも

キーワード :
, , , ,
スマホで完結するデジタルチケットは、使ってみると便利。
多摩MaaS「TAMa-GO(タマ・ゴー)」のロゴ(画像:京王電鉄)。
多摩MaaS「TAMa-GO(タマ・ゴー)」のロゴ(画像:京王電鉄)。

 京王電鉄は2020年12月25日(金)、東京多摩エリアの交通サービスやショッピングをスマホで完結するためのサービス「TAMa-GO(タマ・ゴー)」の実証実験を行うと発表した。

 これは東京都が公募したMaaSの実証事業として採択されたもの。専用のサイトから、各種チケットの購入・使用や、経路検索、観光案内を兼ねたデジタルマップなどを利用できる。

 サービスの実施期間は2021年1月13日(水)から2月28日(日)まで。

 このMaaSから購入できるデジタルチケットは、京王線・井の頭線の一日乗車券と高尾山ケーブルカー・リフトの往復乗車券と温泉施設の入館券がセットになった「京王・高尾山レジャーチケット」(大人2360円、子ども1180円)をはじめとするオールインワン方式のレジャーチケット、および京王線・聖蹟桜ヶ丘駅前の商業施設「京王聖蹟桜ヶ丘SC」のお買物券と京王線の往復乗車券がセットになった「聖蹟桜ヶ丘お買い物チケット」(大人5000円)など。

 交通サービスのデジタルチケットはスマホの画面を提示するだけ、買い物券はスマホカメラで店舗内のQRコードを読み取ることで使用できる。

 あわせて、聖蹟桜ヶ丘駅と聖ヶ丘・馬引沢・連光寺6丁目地区を結ぶ相乗りタクシーが試験運行される。運行時間は11時から16時までで、MaaSページから事前予約が必要。運賃は一律500円。支払いにはデジタルチケットと現金が使用可能だ。