JR東 一部改札を「QR対応」に 納得の理由 「青春18きっぷ」でも使えたら便利そう…

キーワード :
, ,
JR東日本が、伊東線の3駅(熱海、来宮、伊東)の有人改札口にQRコード読み取り端末を導入。観光型MaaS「Izuko」のデジタルフリーパスへ対応するものだが、「青春18きっぷ」でも使えたら、とても便利そうだ。

スマホにQRコードを表示させて改札口を通過

QRコード読み取り端末が設置された熱海駅の有人改札(2020年11月27日、恵 知仁撮影)。
QRコード読み取り端末が設置された熱海駅の有人改札(2020年11月27日、恵 知仁撮影)。

 JR東日本の伊東線3駅(熱海、来宮、伊東)改札口に、QRコード読み取り端末が導入された。

 東急とJR東日本、伊豆急が伊豆エリアを中心に展開している観光型MaaS「Izuko」の実証実験フェーズ3が、2020年11月16日(月)に始まったことに伴うものだ。

 スマホで利用する「Izuko」のデジタルフリーパスには、JR東日本の伊東線(熱海~伊東)に乗れるものが存在。それで先述の伊東線3駅で乗降する場合、スマホにデジタルフリーパスのQRコードを表示させ、それをこの読み取り端末にかざし、改札口を通過する。

 新宿駅と高輪ゲートウェイ駅で、JR東日本はQRコード読み取り機能を備えた「タッチしやすい自動改札機」の実証実験を行っていたが、それとは別のものだ。

 JR東日本の担当者によると、「MaaS」の実証実験でQRコード読み取り端末を導入するのは今回が初めてとのこと。今後、他エリアの「MaaS」デジタルチケットでも使っていきたいと考えているそうだ。