東京ドームシティで「BICYCLE-E・MOBILITY CITY EXPO 2022」5月開催 オランダの識者などが登壇、新たなライフスタイルを提案

キーワード :
, ,
「BICYCLE-E・MOBILITY CITY EXPO 2022」が5月18日と19日に開催される。自転車や超小型電動モビリティといったパーソナルモビリティの製品紹介のほか、オランダ・日本両国からの識者による講演が行われる。

乗り物の新しいライフスタイルを提案

「BICYCLE-E・MOBILITY CITY EXPO 2022」のメインビジュアル(画像:ライジング出版)
「BICYCLE-E・MOBILITY CITY EXPO 2022」のメインビジュアル(画像:ライジング出版)

 自転車や電動モビリティなどのイベント「BICYCLE-E・MOBILITY CITY EXPO 2022」が5月18日と19日、東京都文京区の東京ドームシティ・プリズムホールで開催される。今回で6回目。

 イベントでは、自転車や超小型電動モビリティといったパーソナルモビリティの製品紹介のほか、

・EV充電システムの提案
・自転車大国オランダの自転車走行環境
・日本とオランダのビジネス/文化交流
・先進的な駐輪/駐車場
・IoT技術を導入した交通システム
・自転車と観光ツーリズム/健康的なライフスタイル

などが紹介される。

 会期中の2日間、オランダから来日するDUTCH CYCLING EMBASSY代表理事のルーカス・ハームズ氏、オランダ・ゲント大学教授(都市計画・交通研究専門家)のロブ・ファン・デル・バイル氏、オランダ王国インフラストラクチャー&水管理省アクティブモビリティチームリーダーのアルレット・ファン・ヒルスト氏、駐日オランダ王国大使のペーター・ファン・デル・フリート氏と日本の学者、評論家、研究者、ジャーナリストらが論戦、ディスカッションを行う。

 日本側からは小林成基氏(自転車活用推進研究会理事長)、疋田智氏(ジャーナリスト)、片岡大造氏(元名古屋大学総長参与)、亘理章氏(都市交通評論家)、富和清則氏(スポーツドクター)、内海潤(自転車活用推進研究会事務局長)、岩上智裕氏(パシフィックコンサルタンツ都市再生室室長)、大学教授、自動車メーカー幹部ら各氏が登壇する。

 イベント事務局は、開催に向けて以下のコメントを寄せている。

「乗り物は今、ドラスティックな変革期を迎えており、まちづくり・交通社会の構築も新時代に相応しい対応が求められています。本展示会はウィズコロナの時代にあって急速に存在感を増している自転車&電動モビリティに焦点を合わせ、乗り物新世紀を切り拓くまちづくり、環境未来都市の創造を推進するためのイベントです。イベント名を「BICYCLE CITY EXPO」から「BICYCLE-E・MOBILITY CITY EXPO」に変更し、提案力の強化をはかりました。自転車、電動モビリティは時代のニーズに適合した安全で機能的な交通社会、健康的で地球環境に優しい地域社会を創るための有効なツールであり、“人間”を取り戻すための貴重な役割を演じてくれる交通手段であると確信しております。6年目を迎えた本展示会は個性的なパーソナルモビリティが参集し、新たな交通社会の創造を目指すエキサイティングなイベントです」

 開催時間は10時~17時30分(18日)、10時~17時(19日)。入場料無料。