「ガソリン配達サービス」が米国で人気! 日本に今後導入できる? スマホで注文、きたる車社会の新潮流とは

キーワード :
, ,
ガソリン配達サービスが、米国で注目を集めている。スマホアプリを使って指定場所で給油するスタイルは、安全で便利ということで人気が高まっている。特に都市部や企業にとっては利便性が高く、環境にもやさしい。日本でも課題は多いが、将来性は十分にある。

インターネットで買えないもの

Boosterの給油カー(画像:Booster)
Boosterの給油カー(画像:Booster)

 この記事を読んでいる人たちは、ネットショッピングやデリバリー(配達)サービスを利用したことがあるだろうか。

 今や、インターネット上でポチっとクリックするだけで、24時間なんだって購入できる時代だ。筆者(黒田莉々、フリーライター)も頻繁にネットショッピングを利用する。食品や生活雑貨から書籍、 PC関連機器、DIYやガーデニング用品まで、さまざまなものをインターネットで買う。

 数日か早ければその日のうちに商品が玄関先にデリバリーされる。送料がかかるので、割高に感じる人もいるかもしれないが、買い物へ行く時間や交通費を考えればむしろ安い。

 飲食店のメニューをネット購入してデリバリーしてもらうサービスも、ここ数年で一般的になっている。アプリで注文すれば自宅に食べたいものが食べたい時間にデリバリーされる。インターネットを利用したショッピングやデリバリーは、もはや忙しい現代人には欠かせない便利なサービスだ。

「なんだってネット購入できる」といったが、ごく身近な生活必需品で、どうしてもネット購入できないものがある。

「ガソリン」

である。灯油ならネット購入できるが、ガソリンだけは無理だ。車へのガソリンの給油は、ストーブへ灯油を入れるようなわけにはいかない。安全性を考えても、車に乗ってガソリンスタンドへ出向く必要がある。安全で便利なガソリンのデリバリーは夢のまた夢なのだろうか。そう思って調べてみた。すると、あった。

 が、しかし、料金の欄に「$」の文字が目に入る。そう、米国での話だ。

全てのコメントを見る