山手線に31番目の駅が誕生? 3月25日開業「バーチャル秋葉原駅」とは何か

キーワード :
, , , ,
JR東日本は、オリジナルのバーチャル空間「Virtual AKIBA World」の開業を発表。一体どのような狙いがあるのか?

ゴジラやウルトラマンもいるぞ!

バーチャル空間「Virtual AKIBA World」の「バーチャル秋葉原駅」(画像:JR東)
バーチャル空間「Virtual AKIBA World」の「バーチャル秋葉原駅」(画像:JR東)

 JR東日本は、世界初となる「メタバース・ステーション」を2022年3月25日(金)11時に開業すると発表した。オリジナルのバーチャル空間「Virtual AKIBA World(バーチャルアキバワールド、VAW)」として、秋葉原の駅と街を再現。スマートフォンなどで手軽に体験できるようにする。

 ジェイアール東日本企画およびHIKKYとの共同企画・運営。精巧に再現されたバーチャル空間で、改札を通過したり電車に乗ったり駅周辺を歩いたりすることができ、リアルとバーチャルが融合したかのような感覚を得られるとしている。また来訪者同士のコミュニケーションも可能という。

 開業を記念して、『シン・ゴジラ』『シン・ウルトラマン』などで知られる「シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバース」とコラボ。バーチャル秋葉原駅を「シン・秋葉原駅」を命名し、バーチャル空間上で各キャラクターが登場し来場者を出迎える。

 さらに、入場者同士でのコミュニケーションが楽しめる空間「オフ会ルーム」をVAW内に実装。共通の話題で盛り上げれる仲間とのルームを作成したり、オンライン飲み会の会場などに利用したりすることを想定する。

 また今後は、リアルとバーチャルを融合させたビジネスの創発拠点としての役割も想定する。加えて、リアルの駅空間でのXR(クロスリアリティー)を体験できるスペースも造成予定。利用客の往来を活性化させ、クライアントに対してバーチャル上での広告展開と販売機会を提供していくという。