ウーブン・アルファ、三菱ふそうと自動生成地図基盤を研究へ まず大型トラックに実装

キーワード :
, , ,
ウーブン・アルファと三菱ふそうが、自動生成地図プラットフォームを用いた共同研究を行う。第1弾として、AMPを実装したカーブ進入時速度超過警報装置付きの三菱ふそうトラックを走らせる。

大型トラックに地図基盤を実装

ウーブン・アルファと三菱ふそうが自動地図生成プラットフォームを用いた共同研究を開始する(画像:ウーブン・アルファ)。
ウーブン・アルファと三菱ふそうが自動地図生成プラットフォームを用いた共同研究を開始する(画像:ウーブン・アルファ)。

 ウーブン・アルファと三菱ふそうは2021年6月23日(水)、ウーブン・アルファの開発する自動地図生成プラットフォーム(AMP:Automated Mapping Platform)を用いた共同研究を開始すると発表した。

 ウーブン・アルファは、トヨタ子会社のウーブン・プラネット・ホールディングスのグループ会社だ。このウーブン・アルファにとって、今回はトヨタグループの枠を越えた商用車メーカーとの共同研究となる。

 両社は、高度な先進運転支援技術を用いた新たな安全機能の研究と、新機能を搭載した商用車による実証実験を行い、さらなる安全の向上を目指す。

 第1弾として、AMPの高精度地図を、三菱ふそうのカーブ進入時速度超過警報装置(Entering Curve Speed Warning:ECSW)に実装し、同装置を搭載した三菱ふそうの大型トラック「スーパーグレート」で実証実験を行う。

 先進運転支援や自動運転では、更新頻度が高く精度も高い地図が必要だ。今回の実証実験では、車両の状態に応じて適切なタイミングでドライバーに急カーブへの進入を予告し、安全な速度への減速を促す機能を検証する。

 両社は、道路や車線の状況を予測する機能は商用車による事故を防ぐために特に重要な機能と説明する。AMPをセンサー情報として活用し、システムの冗長性とドライバーの道路状況認識を高め、商用車の安全性の向上を目指すとしている。