満員電車にベビーカー、嫌われるのは日本だけじゃなかった? 英国で炎上した「大論争」の顛末とは

キーワード :
, , , , , ,
混雑した電車の車内に、折りたたまない状態のベビーカーごと乗り込む行為については、日本国内でたびたび論争が起きている。同様のケースは海外でも見られるようだ。

日英、人々のメンタリティーに共通点

 イギリス人のメンタリティーは、日本人と似ている。本音と建て前はどこの文化にもありそうだが、特にその差が大きいとされている。

 電車内では顔には出さなくても、実際は迷惑だと感じている場合が少なくなく、ネットの世界で本音が爆発する。

 ぶつかると「ソーリー」と言うのが常識だが、当然内心イラっとしながら、形だけの場合もあるとイギリス人から聞いた。日本では何も言わない人もいるので、言うだけましかもしれないが。

 それなりに人のいるホームで、ローラースケートで華麗なバックスタイルで滑ってくる若者を見かけたことがあるのだが、注目していた人はあまりいないようだった。

 それくらいのことには慣れているのか、内心は驚いていたのか。ラッシュ時のベビーカーのように、感情を見せないようにしていたのかもしれない。

ロンドンのラッシュアワーに関する対策

 東京ほどではないとしても、ロンドンの電車も通勤通学時は混雑する。押しつぶされることはないが、人との間に距離がないことも多い。

 個人の経験上では、ベビーカーを見たことはなかった。犬が電車に乗れるので、飼い主の足元に見かけることはときどきあったが。

 ロンドンの地下鉄や在来線は、ラッシュアワーはそれ以外の時間帯に比べて料金が高く設定されている。エリアごとのゾーン制になっていて、中心地をゾーン1として、そこから離れるほどその数字が大きくなっていく。

 たとえば通勤・通学が増えてくるゾーン2からゾーン1に地下鉄で向かうとして、平日の午前6時半から9時半、午後4時から7時は3.2ポンド(約534円)、それ以外の時間帯は2.6ポンド(約434円)となる。これが多少は混雑緩和になっているはずだ。

全てのコメントを見る