球団を経営した鉄道会社は全部で9つ! 阪急、阪神、南海、西鉄、近鉄、西武……残った3つは?

キーワード :
, ,
現在は阪神タイガースと埼玉西武ライオンズのみだが、かつては同時に8球団に鉄道事業者が関わっていた時期さえあるのだ。

複雑すぎる南海と近鉄の関係

バッターボックス(画像:写真AC)
バッターボックス(画像:写真AC)

 日本のプロ野球は戦局悪化による休止期間を経て、終戦後の1946(昭和21)年から日本野球連盟の名のもとにペナントレースが再開される。

 1947年には東京急行電鉄(東急)がセネタース(東京セネタースとは別球団)を買収し東急フライヤーズに。阪急軍は阪急ブレーブスに改称。また、同じ年に、球団経営も含む旧南海鉄道の事業が近鉄から新会社・南海電気鉄道(南海)へ譲渡され、南海ホークスが生まれた。

 ここで、ややこしい“南海・近鉄問題”を整理しておきたい。流れは下記のとおりである。

(1)旧南海鉄道は球団「南海軍」を経営
(2)戦時中に旧南海が他社と合併し近鉄が誕生
(3)合併に伴い球団も近鉄の所有となり「近畿日本軍」と改称
(4)戦後、旧南海鉄道が近鉄から独立し新会社を設立。球団も移行し「南海ホークス」に
(5)後年、近鉄も独自に球団(後述)を経営

──という訳なのである。

 日本のプロ野球は1950年より2リーグ制となるが、その前段階で新規参入を希望する企業が殺到。そこには複数の鉄道事業者も含まれていた。そのなかで加盟が認められたのは、実績のある近鉄、西鉄だった。前者の球団名は近鉄パールス、後者は西鉄クリッパース。いずれもパシフィック・リーグ(パ・リーグ)に属した。

 近鉄は、以前より自社沿線に所有していた藤井寺球場を本拠地とし、西鉄は1年後にセントラル・リーグ(セ・リーグ)に属した同じ福岡の西日本パイレーツを吸収し西鉄ライオンズとなった。

セ・リーグには名鉄が参入していた

ビールと野球観戦(画像:写真AC)
ビールと野球観戦(画像:写真AC)

 一方セ・リーグでは、小田急電鉄の新球団が加盟する計画が頓挫し、代わりに日本国有鉄道(国鉄)傘下の球団が加盟。国鉄スワローズと命名される。1951(昭和26)年、鉄道系球団はさらに増える。名古屋鉄道(名鉄)が中日ドラゴンズの経営に参画。球団名を名古屋ドラゴンズとし、中日新聞と隔年で経営することになるのだ。

 名鉄参入で、1951年に鉄道系球団数は史上最大となる次の八つとなった。

●パ・リーグ
・阪急ブレーブス
・南海ホークス
・東急フライヤーズ
・西鉄ライオンズ
・近鉄パールス

●セ・リーグ
・大阪タイガース
・国鉄スワローズ
・名古屋ドラゴンズ

 ただし、8球団時代は短く、名鉄は1953年で撤退。球団名は中日ドラゴンズに戻った。また、1954年から東急が系列の映画会社・東映に球団経営を委託し、球団名を東映フライヤーズと改めている。

 国鉄を別物としても、鉄道系球団が本拠地を自社沿線に置くことは球団経営上の定石だ。前述以外の球団もそれを踏襲。南海は1950年に大阪スタヂアムを、東急は1953年に駒澤野球場をオープンさせた。

 とりわけ、大阪市最大の繁華街である南海難波駅の南口に面する大阪スタヂアムの立地条件は最高だった。ただし、難波には他の鉄道業者も乗り入れており、観客は必ずしも南海の電車を利用しないというマイナス面があった。他方、平和台球場は、西鉄が西日本から受け継いだ経緯があり、上記の定石に当てはまっていない。

全てのコメントを見る