Amazon 全国18か所に配送拠点を新設、雇用5000人以上創出 「置き配サービス」対象に10県追加

キーワード :
, , , , ,
アマゾンは2022年中に、日本全国18か所に配送拠点デリバリーステーションを新設すると発表した。

全国で翌日配送を利用可能に

アマゾンの配送のイメージ(画像:Amazon)
アマゾンの配送のイメージ(画像:Amazon)

 Amazon(アマゾン)は2022年7月27日(水)、日本全国18か所にアマゾンの配送拠点デリバリーステーションを新設すると発表した。

 開設により、全国の利用客が数百万点の商品を翌日に受け取れるようになるという。また、新たに10の県で「置き配指定サービス」が利用できるようになる。

 デリバリーステーションでは、計5000件以上の雇用機会を創出する予定。職種は、安全衛生、マネージャー、シフトアシスタント、ラーニングコーディネーター、ドライバーマネージャー、Amazon Flexの配送パートナーなど多岐に渡るという。

 ステーションが開設されるのは、青森・岩手・秋田・埼玉・東京・神奈川・長野・愛知・香川・愛媛・高知・徳島・熊本・沖縄の14都県18か所。2022年10月までに順次稼働する。

全てのコメントを見る