交通ルールを守っているつもりで、実は迷惑運転! あなたの「常識」は非常識なんです

キーワード :
, , ,
交通ルールやマナーを守って車を走らせているつもりでも、実は迷惑な運転をしているかもしれない。あなたの「常識」が「非常識」でないか、確認してみよう。

道交法違反では?

駐車中、キーは?(画像:写真AC)
駐車中、キーは?(画像:写真AC)

 道路交通法違反を疑われるケースもある。

 信号が青で進みださない車に対して、必要以上にクラクションを鳴らす後続車。道交法54条2項では「車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない」とある。

 こういう人は、信号が青になったら「進め」だと思っているのだろうが、信号が青に変わったら安全を確認した上で「進んでよい」という意味である。

 たまに見かける、荷崩れしそうなトラックも見ていてヒヤヒヤする。そういう車は、やたらゆっくり走っている気がする。「危ない」と分かっているなら、しっかり荷造りして、シートをかけてもらいたい。

 走行中の車から荷物を落とした場合に責任が問われるからかもしれないが、そうならないようにするのも運転者の責任である。道交法71条1項4号では、積載物の転落や飛散を防ぐため必要な措置を講ずることを定めている。

 日常生活でついやりがちなこととして、車から離れるときにエンジンをかけっ放しで車から離れたことはないだろうか。コンビニなどでよくある光景だが、これも、エンジンを停止させ、制動装置を作動させておき、キーを抜いておかなければ道交法違反になる。

 さらに、コンビニなどから出てくる際、本線上を走る車にブレーキをかけさせるタイミングで出てくる車がある。どちらが今優先なのかを考えてもらいたい。

全てのコメントを見る