転落防止の強い味方 「昇降式ホーム柵」は関東でも広まるのか

キーワード :
,
ホームの転落防止や接近する列車との接触を防止するホーム柵。昇降式、可動式、それぞれのメリット・デメリットとは。

昇降式ホーム柵のメリット

設置コストを軽減できる昇降式ホーム柵(画像:高見沢サイバネティックス)
設置コストを軽減できる昇降式ホーム柵(画像:高見沢サイバネティックス)

 そんななか、代わりに注目されているのが昇降式ホーム柵だ。昇降式ホーム柵は、ロープ式やバー式などさまざまな種類が存在し、ドアの枚数やドア位置が異なる場合でも幅広く対応できる。

 さらにワイヤやパイプなど素材が軽いため、ユニット構造も比較的シンプルだ。その結果、ユニットの重量が可動式ホーム柵と比べて約半分になり、費用を安く抑えられる。

 東京大学公共政策大学院の分析リポートによると、JR京浜東北線(10両編成)に投入する場合、可動式ホーム柵なら初期費用だけでも片側1ホームあたり「1.6億円」なのに対し、ロープ状の昇降式ホーム柵なら

「6000万円」

になるという。

 現時点では大阪駅を中心に、JR西日本管轄の駅で順次展開している。一方、JR東日本においても、成田空港駅と空港第2ビル駅で試験的に導入しているほか、関東私鉄も一部の駅で実証実験を行っている。

昇降式ホーム柵の弱点・課題

昇降式ホーム柵には十分な事故対策が不可欠(画像:写真AC)
昇降式ホーム柵には十分な事故対策が不可欠(画像:写真AC)

 昇降式ホーム柵は簡易的なシステムゆえ、安全面ではやや不安が残る面もある。小田急小田原線内に試験導入された昇降式ホーム柵はユニットの高さがあまりにも高すぎて

「乗務員からの視認性が悪い」

という報告があった。そのためセンサーの取り付けなど厳重な安全対策が必要となり、逆に費用がかさんでしまう傾向もある。

 加えて、ロープ式やパイプ式の昇降式ホーム柵は視覚障害者が列車のドア位置を判断しにくい欠点があり、これに対する具体的な解決策が急がれている。

 シンプルな構造で費用を抑えられる昇降式ホーム柵だが、ただ設置しただけでは100%事故を抑止できるとは限らない。そのため東急電鉄は転落検知支援システムという、監視カメラを通じて転落しそうな人物を自動的に検知し、監視元の駅務室などにアラームで知らせるシステムを併せて導入している。